2014年夏、西成区民センターで始まった「アート・ウェイ・オオサカ」は、回を重ねるごとに出展者も来場者も増え、2016年からは、テーマをスチームパンクと不思議の国のアリスに特化した特別篇「アリスと歯車」も開催し、年に2回のアートフェスは大阪のイベントとしてハンドメイドファンの間にも定着してまいりました。

 2017年の今回は、会場を西成区民センターからあべのベルタに移り、テーマを、昨今老若男女分け隔てなくブームとなっているちょっとレトロでノスタルジックな雰囲気を楽しむ「昭和ロマンチック」と決定いたしました。
 人それぞれが感じる「昭和」を「ロマンチック」に表現したハンドメイド作品の販売及び展示で、普段アートに関心の無い方や、これまであべのベルタにあまり足を運ばなかった方々にも大いに楽しんでいただこうと趣向を凝らしてお待ちしております。